豊胸・バストアップTOP | あなたの悩みはどれ? | 理想のバストとは? | 胸を大きくする食べ物 | 胸を大きくするマッサージ | 当サイトについて |

あなたの悩みはどれ?



胸のお悩み診断

多くの女性が何らかのバストに関する悩みを抱えているといわれています。
バストの悩みは大きく分けて、サイズに関するもの、バストの形に関するもの、色に関するものに分けられます。

以下に主なバストの悩みと解決策の例を挙げていきます。

○バストが小さい

これがやっぱり一番多いお悩み。
解決法としては、マッサージなどでお手入れをする、サプリメントなどを摂るなど自力ですこしでも大きくするように努力していく方法と美容医療を受けるという方法があります。
美容医療で解決する方法としては、胸にヒアルロン酸を入れる方法や脂肪を注入する方法と豊胸手術でバックをいれる方法などがあります。

解決策:自力でマッサージなどのお手入れ、豊胸手術など



○バストが大きすぎる

胸が小さい人にとってはうらやましい悩みですが、バストが大きすぎることにコンプレックスを持っている方もいます。太ってみえるとか、洋服が着こなせないなど。
美容外科的な手段としては大きすぎるバストを整えて好みの大きさに 整える乳房縮小手術があります。

解決策:乳房縮小手術など



○乳首・乳輪が大きい

乳首の色や形に関する悩みを抱えている人も多いです。
乳首や乳輪が大きいという悩みはどこに相談に行けばいいかわからないし、なかなか相談しづらいものでもあります。
乳首や乳輪の大きさは、元々大きい先天性の場合と、出産後に授乳で乳首が大きくなってしまった場合があります。
乳首や乳輪の形などはそれぞれの個性によるのである程度違っていて当然なのですが、治したいと悩んでいる場合は乳輪縮小術、乳頭縮小術などの美容医療を受けることができます。

解決策:乳輪縮小術、乳頭縮小術



○乳首、乳輪の色が濃い

これも多い悩みです。
乳首や乳輪の色は人それぞれの色素によってきまるので個人差があるものなのですが、やはり女の子としてはピンク色に憧れますよね。日本人で乳首がピンク色という人はむしろそんなに多くないのですが、どうしても気になるかた、悩んでいるかたは一度美容整形外科などに相談してみると良いかもしれません。
美容外科などでケミカルピーリングやレーザーなどで薄くする方法があるようです。
美容外科によって、施術方法が違うようですので、情報を集めたり、カウンセリングに行ったりするのがおすすめです。
また、年を重ねるにつれ、色素の沈着のため、乳首が黒くなってくることはあります。



○陥没乳頭

陥没乳首(陥没乳頭)とは、乳頭が乳房の方に陥没してへこんでしまっている状態の乳首のことを指していいます。
陥没の程度として、刺激を与えたり吸引などによっても出てこない重度な陥没(真性)から、乳頭に刺激を与えればでてくる程度の軽いもの(仮性)まであります。

解決策:重い場合は、形成外科・美容外科などで手術するケースがありますが、軽い場合は自然に直ることもあります。
詳しくはこちらへ→陥没乳頭について



○胸の形がよくない、左右の形や、位置が違う

胸の左右の形がちがう、位置や向きが違うという悩みも意外と多いものです。
人間の体は左右微妙にちがったりするものなので、ある程度は左右が違うのは普通のことです。
ただ、あまりに左右のバランスや大きさが違うなどの悩みの場合には美容外科で治すことも可能です。



○バスト下垂(バストの垂れ)
年齢を重ねるとバスト下垂という悩みも出てきます。おもに30代以降の女性に多い悩みです。
また激しいダイエットのせいでバストの皮膚がたるんで下垂することもあります。
すでに下がってしまったバストを自力で元に戻すのは難しいですが、自分でバストのお手入れをしたり、筋肉を鍛えることでハリをもたせたり、これ以上の下垂を防ぐことができます。下垂を直すには美容外科でリフトアップ手術などを受ける方法があります。
詳しくはこちらへ→バスト下垂について