豊胸・バストアップTOP | あなたの悩みはどれ? | 理想のバストとは? | 胸を大きくする食べ物 | 胸を大きくするマッサージ | 当サイトについて |

豊胸手術の歴史と最近の流れ



豊胸手術の歴史

豊胸術は昔からなされていたことをご存知ですか?

実は、その歴史はかなり古いのです。

豊胸術の始めはパラフィン、シリコン等の物質をバッグに入れずに直接乳房に注入する方法で行われていました。

そのうち、「シリコンジェル」を入れたバッグが登場します。このバックを入れる方法が今の豊胸術の基礎となっているんですね。

このシリコンジェルバックは、仕上がりが自然な感触になることが理由で人気が高く、豊胸手術に使われる主流となっていきました。

ところが、シリコンバッグの内容物が、発癌性物質を含むのではないかということで世界的に使用中止要請が出され、一次的に使用がやめられていました。

ところが、その後シリコンジェルバッグと発ガン物質の因果関係が否定されたため、現在では再び世界中で使用されるようになっています。

シリコンジェルバッグの1番のメリットは自然な感触の仕上がりです。ただ、バッグが破損してしまった時に、内容物のシリコンジェルが体内に漏れるというデメリットもあります。

一時的にシリコンジェルバックが使用できなかった状況下で注目されたのが「生理食塩水バッグ」です。これは点滴などの医療現場でも使われている体内の水分にもっとも近い食塩水です。

人の体に害がないため、万が一バックが破裂して漏れ出しても人体に悪影響を及ぼすことはありません。

デメリットは、シリコンジェルバッグに比べて感触の面では、少し劣るということ。人体に無害だという点が使用するメリットです。

最近の豊胸術で主流になりつつあるのが「コヒーシブシリコンバック」です。

シリコンジェルバッグなどの豊胸は、バッグが破損した時に、内容物のシリコンジェルが体内に漏れるというデメリットがあることはお話しましたが、しかし、コヒーシブシリコンは、破損した場合でも、内容物が凝縮されていて、ジェル状に固められた素材で作られているため、漏れ出すことがありません。

現在、コヒーシブシリコンが豊胸バックによく使われている理由は、コヒーシブシリコン (ユーロシリコン) が、シリコンジェルバッグのデメリットを改善し、より安全性が高い点にあります。

また内容物の感触の点でも優れていて自然な本物のバストに近い仕上がりになるということも人気の理由です。




最近の流れ

このように、昔から豊胸術はバストに悩む女性達の間で行われてきました。

今に至るまで、豊胸手術にに関しての美容医療は日々進化してきています。

現在までの豊胸術の流れはバックを入れる方法が主流でしたが、ヒアルロン酸を注入するプチ豊胸や脂肪を注入する方法など、バックを入れる方法ではない方法をとるクリニックが増加しています。

プチ豊胸などは、メスを使わないことで一般の女性に垣根が低くなって、一般の若い女性に広がりを見せています。

今や美容医療は、モデルさんや女優さんなど美にこだわる職業の人だけの特別なものではないのです。


また最近の傾向としては、年配の利用者が多いのも特徴的です。

経済力もあって、生活を楽しみたい。

自分のためにきれいになりたいという女性が増えています。

美容医療できれいになれるなら、どんどん利用して美しさを自分で手に入れる。そんな意識があるのでしょう。

きれいになるという女性の意識が変わってきているんですね。