豊胸・バストアップTOP | あなたの悩みはどれ? | 理想のバストとは? | 胸を大きくする食べ物 | 胸を大きくするマッサージ | 当サイトについて |

失敗しない豊胸手術―リスクを知ろう



リスクを知ろう

美容医療も進歩して、安全性や技術力も高まり、豊胸手術も一般の女性に受け入れやすいものになりました。
とはいえ、あとで「失敗した!」と思わないために、受ける以上リスクもあることを理解しておく必要があります。

自分に合う手術はどれが良いのか、手術後のケアができる範囲などはそれぞれ個人差があります。リスクやそれぞれの手術法のメリット、デメリットを知った上で自分にあった方法を選択することが大切です。

情報収集をしたり、不安点、疑問点を解消するなど豊胸手術を受ける場合はそれなりの心構えが必要です。ここでは、豊胸手術のリスクや、気をつけておきたいことなどを挙げていきます。
手術を受ける前にどんなことに注意すればいいのか理解しておきましょう。


バック豊胸手術の敵ーカプセル拘縮について



豊胸術のバックを挿入する方法を選択した場合、体内に異物を入れることになります。
人間の体には異物異物に対して皮膜を作って守ろうとする働きがあります。これを拘縮といいます。
カプセル拘縮というのは、この皮膜(カプセル)が収縮し、内側のバッグを締め付ける状態になることでバストが固くなったり、形が不自然になったりすることです。
バックを入れる豊胸手術で大切なのは、このカプセル拘縮を防ぐということです。
カプセル拘縮が起きてしまうと、再手術をしてバックを取り出したり、慎重に入れなおしの手術を行わなければならなくなってしまうこともあります。

カプセル拘縮を防ぐために、各クリニックはバックの種類を工夫したり、予防の飲み薬や高周波のトリートメント、マッサージなどでケアしていくところもあります。このようなアフターケアもしっかりしてくれるクリニックを選びましょう。


脂肪注入法のリスクについて

脂肪注入の場合、異物をいれるわけではないので、拒絶反応を起こすことはありません。
また、注射器で脂肪を注入するため、カラダへの負担も少ないといわれています。
脂肪注入法のリスクは入れた脂肪が石灰化することで乳癌との区別がつきにくくなってしまうことです。注入した脂肪に感染を起こす可能性もあります。
また、たくさん脂肪を注入するとしこりになることもあるようです。




痛み、腫れについて

豊胸手術を行う以上、体に全く負担をかけないで与えずおこなうことはできません。
手術後の腫れやむくみは一種の炎症反応です。この炎症反応は2週間〜1ヶ月たてば自然に収まっていきます。また、手術はわきを切開して行われた場合、術後ある程度わきにつっぱり感を感じます。
バック(プロテーゼ)を入れる手術で特に大胸筋下法を選択した場合は術後かなり痛みがあると考えていたほうが良いでしょう。ワキから胸にかけて、腕をつかったり、寝起きするときに特に痛みます。
手術後のバストの腫れは徐々におさまっていってバック法なら1ヶ月程度、脂肪注入法なら2週間程度で普通の状態に戻ります。
手術法にもよりますが、特にバック法を選択する場合は、手術後のことを考えて仕事をある程度お休みするなど予め計画を立てておいたほうが良いでしょう。自分が思っていた以上に痛みがあった、腫れや術後の様子が気になったという声が多いですので、余裕をもって計画を立てることをおすすめします。


感染や血腫について

外科的手術を受けた場合、ごくまれに血液の塊が中に溜まってしまう血腫が起こることがあります。これは豊胸手術に限ったことではなく、手術を受けた場合起こる可能性のあることですが、そんなに多いケースではないようです。また、バックを入れた際、傷口から感染するケースもあります。この場合はバックを挿入し直す必要があります。


しびれについて

豊胸手術後に乳首や胸の周辺にしびれを感じることがあります。
各クリニックは神経に触らないように手術を行っているので過剰に心配することはないと思いますが、ごくまれにしびれが取れない方や、しびれが取れるのに数ヶ月から1年ほどかかる人もいるようです。
術後の通常のしびれは時間がたつにつれて感覚が戻ってくるので、心配することはありません。
気になる場合は手術前に予めクリニックに確認しておきましょう。


イメージと違う!自分の中で失敗のリスク

その他のトラブルとしては、胸がイメージどおりでなかった、形が悪い、手触り、キズが気になるなど自分のイメージとすこし違ったというケースです。
これらを防ぐためにクリニックのドクターとのカウンセリングや、クリニック選びを納得いくまできちんとしましょう。


アフターケアも考える

豊胸手術を考えるときに手術の仕上がりのことはもちろん、その後のアフターケアの部分も考えておくことは非常に大切です。手術の後のことまで考えて行う人は意外に少ないものです。
術後にアフターケアを受けるのか、万一トラブルが起きたときはどうするかなど手術のあとのこともよく考えておきましょう。また、豊胸術を受けるときは信頼できるクリニックで行ってください。